スタッフブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

北九州市戸畑区にてアパートの屋根・外壁塗装工事中の様子

施工中の様子公開 2022.02.12 (Sat) 更新

福岡県北九州市戸畑区にてアパートの大規模修繕工事を行っております。

今回の外壁塗装や屋根の塗装工事になります。実際に工事を行う建物はこちらになります。

 

【工事内容】屋根・外壁塗装工事(付帯部こみ)

【築年数】約20年【建坪】55坪

【屋根材】金属系折半屋根     【外壁材】金属系サイディング

 

 

施工中の様子

 

まずはサッシ廻りのコーキング補修の様子をご紹介します。

 

 

 

こちらは窓の回り、サッシ廻りのコーキング補修を行っている様子です。

サッシの回りは上から増し打ちを行って施工していきます。

サッシ回りにあるコーキングは打替えをしてしまうと防水シートに傷がつき雨漏れに繋がってしまうことがあります。

サッシ回りは増し打ちが一般的です。

 

 

次に外壁塗装中の様子です。

 

 

 

今回の外壁塗装ではエスケー化研のエスケープレミアムシリコンを使用して塗装していきました。

エスケープレミアムシリコンはアパートの外壁塗装を行う際によく使用している塗料になります。

塗料の耐久性は中に含まれている樹脂が耐久性を決定しており、今回はシリコン樹脂が含まれております。

シリコン樹脂は10年~15年の耐久性がありますが紫外線量が多い場合10年前後で塗り替えが多いですが、今回の外壁塗料材は

シリコン樹脂に加えてハルスと呼ばれる光安定剤を組み込んでおり、紫外線の影響を抑制してくれますので15年程度の耐久性が期待できます。

 

次に屋根塗装中の様子です。

 

今回施工させて頂く折半屋根は一部錆が発生してしまっている状態でした。

錆はそのまま予想を行ってしまうと後々不具合が発生します。しっかりとケレン作業を行い錆止めをしてから塗装を行います。

 

また、今回使用した屋根材はエスケー化研のクールタイトを使用して施工していきました。

クールタイトは遮熱性に優れており、鉄板系の金属屋根によく使用されている為アパートなどの大規模修繕工事でよく用いられる屋根材になります。

 

次に基礎部分の塗装についてです。

 

 

今回は基礎部分の塗装工事を行いました。

基礎部分の塗装は難しく、間違った塗料を塗ってしまうと湿気を含み剥がれてしまうことがほとんどです。

基礎専用の塗料を使用することで後々の不具合を防ぐことができます。

 

次に階段塗装中の様子です。

 

 

今回は階段の塗装工事も行いました。

鉄部は屋根同様ケレン作業を行ってから塗料を塗布していきました。

 

施工完成の写真は施工事例でご紹介します!!

仮設足場を撤去し、手直し点検を行い完成です!!